STUDER製品の代理店業務から、現在は映像システム部を新しく発足しGrass Valley製品、NTT Electronics製品の代理店業務だけではなく映像システム設計
業務も行っております。 時代に合わせた最良な映像と音声のソリューションをご提供させて頂きます。

トップ  > V_remote 4

お問い合わせ先

お問合わせ窓口 : 
スチューダー・ジャパン-ブロードキャスト株式会社

〒 108-0022
東京都港区海岸3-3-8
安田芝浦8号ビル5F

  • 電話:03-5730-0780
  • FAX:03-5730-0781

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

V_remote 4

V__remote4


■オールインワン IPベースのリモートプロダクション
V_remote 4は、WANベースのリモートプロダクションで、ビデオ及びオーディオ信号の処理と転送などすべての要件に対応するオールインワンソリューションを提供できるように設計されていてVideo-over-IPコーディングから、様々な監視及び処理ツールまでのアプリケーションが含まれています。
それは、すべて 1 つ目的ため設計されています。
貴重なラックスペース、セットアップ時間、および制作コストを節約しながら、ブロードキャストアプリケーションの柔軟性を向上させるツールを提供することです。



将来を見据えたリモートプロダクション
今日のIPネットワーク技術の結果と成熟により、ビデオ、オーディオ、及びControl-over-IPは、多くのアプリケーションにとって最適なソリューションに成りつつあります。リモートプロダクションでは、放送制作の進化において次の重要なステップとしてますます注目されており、IPは基本的な要件になってきています。
現場からスタジオへの信頼性のある,低レイテンシーの高品質ビデオを手頃なコストで獲得することはこのためには絶対に必要です。


Lawo V_remote 4は、今日のIPベースのリモートブロードキャスト制作のビジョンを達成するための理想的なツールです。
このデバイスは、2系統の双方向4チャンネルVideo-over-IPインターフェイス、4系統のローカルSDI入出力、およびWANまたはLAN経由でビデオおよびオーディオを放送制作に提供する際に通常必要とされるすべての処理ツールを組み合わせています。




 

主な機能

・4×4 IP ビデオ入出力 : 非圧縮、VC-2 又はJPEG2000
・4×4 SDI ビデオ入出力

4×MJPEG、1×H.264エンコード
内蔵 L3スイッチ、2× 10 Gbit イーサネットポート、4× 1 Gbit イーサネットポート
フレームシンクロナイザ(各入力)
バリアブルディレー(各出力)
RGB カラーコレクション、プロセス(各出力)
4画面マルチビューワ
ウェーブフォームおよびベクターディスプレイ
音声エンベッド、デエンベッド、シャッフル
サラウンド→ステレオ・ダウンミックス各エンベッド毎に2基
Dolby® E 自動アライナー
タイムコード,インサーターテストパターン,ビデオ ID ジェネレーター
タイムコード・ジェネレータ
シンク・ジェネレータ、PTPグランドマスター機能
AVディレーメジャー機能
サウンディング(ネットワーク診断)機能


■IPビデオによるWAN 越しの素材伝送
V__remote 4は、4系統の3G / HD / SD SDI入力と4系統の3G / HD / SD SDI出力を備えており、外部ビデオ機器とのインターフェイスを提供します。
デバイスは、これらの信号をIPストリームに変換するように設計されており、標準のレイヤ3 IP LANまたはWAN経由で伝送できます。
V__remote 4は、複数のストリーミング形式での並列エンコードを提供し、同じ信号をさまざまなアプリケーションで利用できます。ローカルプロダクション用のRAW 、リモートサイト用のJ PEG 2000 、監視アプリケーション用のMJPEGおよびH.264、インターネット配信用のH.264などです。
IPベースのアプローチにより、LawoのVSM制御および監視システムを介して、または他の外部マスタ制御システムを介して簡単に信号をルーティングすることができます。

すべてのデバイスがネットワークに接続されている限り、再配線は不要です。
このデバイスはマルチキャスト機能を備えた実際のネットワーク技術に基づいて
いるため、ネットワーク内の複数の出力に信号を簡単に送信することができます。

V__remote 4のコーディングエンジンは、ビデオ品質と信号伝送の信頼性の高い
要求を満たすように設計されています。
このユニットの非常に堅牢なJ 2Kコーデック(不安定なWAN接続であっても信号転送のための特別な保護アルゴリズムを備えています)とSMPTE2022-7
互換のポート冗長性により、信号の可用性と品質が保証されます。
プロテクションスイッチングの強化のためのLawoのE P S テクノロジはさらに進歩し、真のハードウェアとネットワークの冗長性を備えたシステム設計が可能になります。IPビデオストリームのフォーマットと品質は、画質、レイテンシ、帯域幅の最適な
比率に合わせて個別に設定できます。
6つのイーサネットポートは内部スイッチに接続され、カメラ制御、RAVENNAストリーム、オフィスやインターネットのI Pトラフィックなどの、あらゆるIPトラフィックを10G Bitで『トンネリング』できます。


V_remote 4は、簡単なワイヤリングにより、すぐにIPインフラストラクチャのメリットとコスト削減をもたらし、柔軟性と拡張性を提供します。



 

仕様

ビデオ・インターフェイス
■ビデオ信号入出力:
4× 3G/HD/SD-SDI 入力(BNC),4× 3G/HD/SD-SDI 出力(BNC),
1× 3G/1080i 4画面MV 出力(BNC),
ディスプレーポート(ローカル
4画面MV モニタリング用)

■ビデオ・リファレンス信号入出力:
BB/Tri-Level,Loop thru,
BB/Tri-Level 出力(BNC),IP

■ビデオ規格:
2.97Gbps ビデオ規格(1080p):
1080p 60Hz SMPTE-424M, 425M Level A & Level B
1080p 59.94Hz SMPTE-424M, 425M Level A & Level B
1080p 50Hz SMPTE-424M, 425M Level A & Level B

1.485Gbps ビデオ規格(HD):
1080i 60Hz SMPTE-274M(4),-292M(D)
1080i 59.94Hz SMPTE-274M(5),-292M(E)
1080i 50Hz SMPTE-274M(6),-292M(F)
1080p 30/29.97/25/24/23.976sf
1080p 30Hz SMPTE-274M(7)-292M(G)
1080p 29.97Hz SMPTE-274M(8)-292M(H)
1080p 25Hz SMPTE-274M(9)-292M(I)
1080p 24Hz SMPTE-274M(10)-292M(J)
1080p 23.976Hz SMPTE-274M(11)-292M(K)
720p 60Hz SMPTE-296M(1),-292M(L)
720p 59.94Hz SMPTE-296M(2),-292M(M)
720p 50Hz SMPTE-296M(2),-292M(M)

270Mbps ビデオ規格(SD):
576i 16:9 and 4:3 SMPTE-259M(C)
480i 16:9 and 4:3 SMPTE-259M(C)

■ビデオ・リファレンス:
アナログゲンロック HD3値シンク SMPTE274M/296M または
SD 1V BB SMPTE-170M/318M または
SDI または IP-ストリーム,
IEEE1588 PTPv2+RefMaster(SMPTE2059)

■リターン・ロス:
SD: > 15 dB,HD: > 15 dB,3G-HD: >15 dB
5MHz-1.485GHz,>10dB 1.485GHz-2.97GHz

■ケーブル長:
SD: >350m(Belden1694A 使用),
HD: >180m(Belden1694A 使用),
3G-HD: >120m(Belden1694A 使用)

■ビデオ解像度:
10 bit 4.2.2


オーディオ・インターフェイス
■音声信号入出力:
 2 x MADI / AES10オプティカル入出力 / LCコネクタ前面(リダンダント・モード選択可),SDI エンベデッド・オーディオ(BNC),イーサネット

■音声リファレンス信号入出力:
BB/Tri-Level,WordCLK 入力(BNC),WordCLK 出力(BNC)

■音声規格:
SMPTE 299/48,MADI/AES10,RAVENNA/AES67

■音声解像度:
24 ビット


メタデータ
■ATC(LTC. VITC1, VITC2)SMPTE12M-2,Binary group data SMPTE 309,
AFD SMPTE2016,Closed-Caption SMPTE334,VBI data services/DTV descr. SMPTE334,Source-ID OBS-special,DolbyE®メタデータ SMPTE2020

トップに戻る


IP インターフェイス
■ギガビット・イーサネット:
4× RJ45 100/1000Base-T,2× POE,2+2 リダンダント動作選択可

■10G イーサネット:
2× SFP+,リダンダント動作選択可

■プロトコル:
IPv4/UDP/TCP/RTP/RTCP,ARP,RSTP,LLD P,IGMPv2,DiffservTOS,IEEE1588 PTPv2(トランスペアレント・クロック)

■スイッチング容量:
最大 40Gbps,
ビデオ & オーディオ・コンテンツのストリーミングの最大 10Gbps


プロセッシング
■ビデオエンキャプシュレーション(10 ビット 4:2:2):
Raw (非圧縮)
エンコーディングとデコーディング(SMPTE2022-6 vs. RV)、または
VC-
2(DiracPro-LL)圧縮エンコーディングとデコーディング、
JPEG2000 エンコーディングとデコーディング(VSF-TR01 vs. RV)


■シームレスなプロテクションスイッチ(SMPTE2022-7 準拠のヒットレスマージ)

■Raw エンコーディング及びデコーディング:
4× ビデオ・エンコーディング・ビットレート 2.5 Gbps,1.25 Gbps,
レイテンシー < 1 ライン


■JPEG2000 エンコーディングとデコーディング:
HD / SD-SDIで4系統エンコード/ 4系統デコード、
3G-SDIで2系統エンコード/ 2系統デコード、
ビデオのみのエンコードは最大250 Mbpsのビットレート
エンコード時のレイテンシ1-2フレーム、デコード時の
レイテンシ0.5-1フレーム

■MJPEG エンコーディング(8 ビット 4:2:2):
4×ステレオ音声付きビデオ・エンコーディング,
一定のビットレート,
固定品質レベル,
レイテンシー < 2 frames


■H264 エンコーディング(8 ビット 4:2:0):
1 xステレオオーディオによるビデオエンコード

8Mbps固定の符号化ビットレート

■サムネイル表示及び PPM:
入出力 JPEG サムネイル及び PPM データ


■音声エンキャプシュレーション
AES67およびRAVENNAオーディオストリーム

(エンコーディングAM824,デコーディング L16/L24/AM824),
エンコーディングはストリームに依存してビットレートを設定,
レイテンシー同期動作 < 2msec


■AV 同期(Audio / Video):
同期動作 < 2msec


■ビデオ / オーディオ出力同期:
外部クロック基準,
IP PTP マスター・クロックベースのリファレンス,
SDI または IP 入力にゲンロック


■レイテンシー:
ビデオ処理レイテンシー=最大 100 ピクセル,
クワドスプリット・モニタリング= 1 フレーム,
音声レイテンシー(SRCオフ,同期動作時) < 2 ms



管理と監視
■プロトコル:
HTTP,SNMPv1,Ember+

■ユーザー・インターフェイス:
エンベデット HTML 5 ユーザー・インターフェイス,

V-fp1 コントロールパネル

環境データ
■保管温度:
-20〜+70°C

■動作温度:
0〜+40°C

■相対湿度:
≦ 90%,結露なきこと

■電磁環境:
E2(EN55103-1,-2)


電源
■IEC コネクター使用の自動検出式
AC 100〜204 V,50/60 Hz 電源入力×2,
< 130 W(30 W PoE を含む)


フレーム機構
■寸法(高さ×幅×奥行き):
44 mm(1RU)× 481 mm × 458 mm

■重量:
5.1 kg

仕様は予告なく変更されることがあります。


トップに戻る